<< 弟という他人 | main | あの人に会いました >>

スポンサーサイト

  • 2007.10.01 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ナイロビギャング注意報

ケニヤでムンギキ・セクトというギャンググループが暴れているらしいことを、今ふらふらネットサーフィンしてたら知りました。
以下JICAの出している安全対策情報



JICAケニア安全対策情報

  ムンギキへの取り締まり強化に伴う注意喚起  



 すでに新聞などでも報道されているとおり、ナイロビおよびセントラル州ではムンギキ
とマタツオペレーターとの抗争の激化を受けて、警察がムンギキの取り締まりを強化して
います。警察は、これまでに2000名近いムンギキ関係者と見られる容疑者を拘束する一方
で、ナイロビ市内ではムンギキと見られる銃器を所持した強盗と警察官と銃撃戦を繰り返
しています。



5月17日にはナイロビ市内で強盗団と警察官との間で3件の銃撃戦が発生(2件はダウンタ
ウン地域で発生し、残り1件は日本人関係者もよく訪れるサリットセンター付近で発生)
し、警察官6-8名が命を落としたと言われています。



5月27日には、カリオバンギで警察官が強盗の容疑者2名を逮捕し戻る途中、仲間のムンギ
キとみられる集団が待ち伏せして攻撃し銃撃戦となり、警察官2名と容疑者2名に加え、10
歳の少年と高齢の男性1名の計6名が死亡したと伝えられています。



警察官との銃撃戦に加え、5月18日から22日にかけては、首と胴体を切断するという残虐
な殺人事件がキアンブ及びムランガで発生しています。

さらに、独立記念日の6月1日には、オザヤとカンゲマで警察の副長2名とその家族が射殺
され、6月2日にはムランガで2名のマタツドライバーが惨殺されています。



また、6月4日にはマザレスラムで明け方巡回していた2名の警察官が殺され、同じマザレ
スラムで5日には警察官とムンギキとの激しい抗争で22名-27名が死亡しています。また同
日、ムランガではムンギキにより4人の一般市民(老人)が殺害されています。

警察は7日に、500名を動員し、ムンギキが潜伏していると見られるマザレスラム内コソボ
地区の一斉捜索を強行。11名のムンギキメンバーが射殺されました。 



1990年代に出現したムンギキは、キクユ族至上主義を唱え、いわゆる「カルト」と見
られていましたが、現在はマタツドライバーからみかじめ料を取り上げ(支払わないドラ
イバーに暴力をふるう)るなどギャングと化しています。また、当初は髪型をドレッドに
し容易に見分けることができましたが、警察の取り締まりをうけ、現在は普通の髪型とな
り一般人と区別ができなくなっています。現時点では日本人ないしは在ケニアの外国人を
標的にしているとの情報はありませんが、政治家との関係も取りざたされており、今後大
統領選挙に向けてさらに凶悪化する可能性が否定できません。



つきましては、当事務所が提供する情報に加え、JICA関係者の皆様も住居、勤務先、通勤
経路などの治安について、積極的に情報収集を行い、危険を避けるようにお願いします。
また、警察官には不必要に近づかず、マタツを利用する場合は明るいうちに移動するよう
にしてください。

最後になりますが、今年は大統領選挙の年であり12月に想定される投票日に向けて政治的
な緊張の高まりとともに治安が悪化する懸念があるので、引続き夜間は早めに帰宅するよ
うにお願いします。


<用語解説>
マタツ・・・ケニヤの乗り合いバス。あたしがカージャックにあったアレです。どうして標的になってるんだろー。

カリオバンギ・・・スラム。あたしが訪問したプロジェクトのひとつが、カリオバンギで発祥したものの、プロジェクトが成功するってこと=そこにお金や商品があるってことで強盗とかよくされて経営大変だったので、もうちょいガラがよいとこに移った。という話をしてくれた。

マザレ・・・あっちの人はマザレじゃなくてマダレって発音する。CHAMRECCのインフォーマルスクール化を考える際、参考にしようと思ってそこにある学校に見学に行ったことがある。ナイロビでもけっこ大きなスラム。大きなスラムっていろんな人がいる分治安も悪くなるんだよね。

キクユ族・・・ケニヤには42にの部族があり、キクユはマジョリティ。「あいつらはえげつない、ずるがしこい」という悪いうわさを他の部族からよく聞く。ひがみ?も入ってると思うけど、事実である部分もあるっぽい。でも、あたしのキクユのホストファミリーはいい人たちだったよん☆アブちんのいるカワングワレのプロジェクトも、キクユがマジョリティ。

サリットセンター・・・高級住宅地であるウェストランドにあるショッピングセンター。1件目のホストファミリーはそこの近くに住んでいたので、あたしはヘビーユーザーでした。外人も多い。ヨーロッパ人とか。あと、インド人多い。

首と胴体を切断するという残虐な殺人事件・・・3月だったか、カワンブワレのアブのゲトー(長屋)からすぐの裏路地でもあったらしい。強盗が銃殺される事件がバス乗り場の近くであってニュースになった時期に近くて、「カワングワレももはや安全じゃない」ってアブが嘆いていた。あの事件もコレに関係ったのかな。

髪型をドレッド・・・ドレッドの人ってあっちだとラスターマンの確率大なんだけど、関係あるのかな。アブちゃんあたし帰るときドレッドだったけど、きっとこの事件のせいで変えてるはず。つーかそうしててくれ。あっちの理不尽な警察はそれだけでアブをつかまえて非道なことをしかねないのです。事件が事件だから余計そうせざるをえないだろーし。まーしょっちゅうアブは髪型変えるし、そんなのあたしよりずーーっとわかってるから変えてるだろうけど。



アイセックでケニヤ(特にナイロビ。それ以外でも起きてるけど)に行く人用に、治安分析。
「マタツを利用する場合は明るいうちに」「夜間は早い帰宅を」って言ってる感じだから、昼間普通に生活してる分には大丈夫なんだろうけど、選挙も近いしちゃんと警戒しないとですね。
きっと上層階級の生活範囲で動いていれば問題ないと思うけど、サリットセンターでも事件あったみたいだし、油断はできない。
ダウンタウンで事件発生もしてることから、タウンはとくに注意。暗くなる前に脱出は絶対してください。
こんな記事を読んだらめっちゃ不安になるだろうけど、あちらの人達は普通に生活しています。
だから、“きっと大丈夫”って感じ。
たとえば観光で行ったら、安全な地域と安全なホテルをタクシーで移動してれば大丈夫だし(地元の人に混ざりたい系の旅スタイルはちょっと危ないかも。まーそもそもなかなかそれができない危険都市だけどナイロビは)。
JICAとか大使館の職員とかは、それなりの生活レベルで暮らせるわけで(マタツは乗らないで車移動・セキュリティしっかりした家・タウンの雑然とした方面には足を踏み入れない)、まぁ安全。
アイセックで研修に行く人は、それよりも下の庶民レベル(って言っても大学生層の暮らしだからケニヤでは3分の1より上の暮らし、貧困層に比べたら相当リッチ)をします。
その分、庶民の暮らし方街の歩き方をホストファミリーやアイセッカーから教えてもらえるわけで、現地の大学生よりは“白人だから目立つ”リスクは伴うといえど、“普通に”生活できます。
みんながみんなそういう事件に巻き込まれるわけじゃない。
日本でもたいていの人が猟奇事件に巻き込まれるわけじゃないのと同じ。
ただ、その確率が日本よりは高い。けっこー高い。
かなり高いけど、たいていの場合はだいじょうぶ、ってくらいの高さ。
その分気をつけなければならない。
このニュアンス伝わるかな?
ナイロビとかじゃないなら影響ほとんどないと思うし、ナイロビでの研修でも「郊外の孤児院泊り込み」とかはまー大丈夫だろうけど。
研修によるよね。
スラムとか出入りして街中歩き回るとかだとやっぱ怖いかも(ってあたしがやってたこと)

あとでアイセックジャパンに伝えておこー ケニヤ行く予定の人とかいるかもだし
止める、まではいかないんだけど、でも、知っててもらった方がいいことだから。
研修はぜひ行って欲しいけど無責任に大丈夫とはいえない・・・
だから、もし行くかもの人がいるなら、事件発生してる時間帯調べたりとか、あっちの友達に連絡とってどんな感じなのか聞いたりしますよー
選挙(12月)もあるしねー



あたしがあちらでお世話になった人たちや関わった人達が無事に暮らせてますように。特に、スラムなど巻き込まれる可能性が高い地域に住んでいる人達はほんっとーに人ごとじゃないはず。彼らが無事であるように。死んだら、もう何もできない。



簡単に事件を紹介するつもりが、長くなってしまったー
つか今ちょいまた見たら外務省の渡航情報のとこにこんなのもあった
「6月11日朝(現地時間)、首都ナイロビの中心部にある レストランの軒先において爆弾が爆発し、1人が死亡、37人が負傷しました。」
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info.asp?num=2007C184

とりあえず、ここで!








☆ワークスアプリケーションズ インターン募集中☆
http://career.worksap.co.jp/hrm/
参加して、20万円稼いじゃえ!! 文理・学年不問よー

スポンサーサイト

  • 2007.10.01 Monday
  • -
  • 05:35
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
ネットサーフィンしてたら
このブログに辿り着き、読みました
(*^_^*)とても楽しかったです。
  • ゆうた
  • 2016/04/28 11:41 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM